Free Blog Themes and Blog Templates

遺産相続における遺言書の重要性

故人が亡くなって少し時間が経ち、悲しみが薄らいだころにのしかかってくるのが遺産相続の問題だと思います。
例えば、遺産相続をできる権利のある人が配偶者のみ、あるいは子が1人のみ、このような場合はその人が一人で全部相続すればいいだけなので遺産相続の問題は発生しないでしょう。
しかし、相続人が複数いる場合、しかも相続人同士が不仲であった場合など、いざ相続となった時にトラブルの原因になってしまうことがあります。

このようなトラブルを避けるための方法として、生前に遺言書を残しておくという方法があります。
遺言書がない状態での遺産相続は法定相続分に従って分割されることになりますが、遺言書を作成し、遺産相続の額などを指定することで、故人の遺志を反映させることが可能になります。
遺言書の種類は自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つになります。
自筆証書遺言は全文を自筆で書き、日付と署名の自署、押印してあることが有効となるための条件です。

この場合、タイプしたものは認められません。
公正証書遺言は、遺言内容を公証人に口授し、公証人がそれを証書にするものです。
証人2名と手数料がひつようになりますが、推定相続人や受遺者は証人になれません。
秘密証書遺言は遺言内容を秘密にしつつ、公証人に関与してもらう方式の遺言書で、遺言内容はタイプしたものでもよいが、遺言者の署名押印は必要で、また証人2名と手数料も必要となります。
突然の死によって、遺産相続の争いが発生することもあります。
ある程度の年齢になったら死後の遺産相続のために遺言書の作成を検討しておくべきでしょう。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans
Free Blog Themes and Blog Templates