Free Blog Themes and Blog Templates

不貞行為にあたる行為とあたらない行為。

離婚理由がパートナーの不貞行為という話を聞くことがあります。

ここではどのような行為をしたら不貞行為にあたるのかを簡単に説明したいと思います。

まずは、不貞行為とは婚姻関係にある男女は浮気をしてはいけないということです。

単純に浮気というと、浮気の基準は人それぞれ違いがあります。

ある奥さんの場合には旦那さんが他の女性と食事をしただけでそれは浮気だといいますし。

ある旦那さんは奥さんが他の男性と肉体関係を持ったら浮気だといいます。

このように浮気には共通の基準がないのが難しいところです。

これを法律で基準をつけたものが不貞行為です。




それではどこからが不貞行為にあたるのでしょうか。

パートナーに肉体関係はないが付き合っていると思われる異性がいる場合。

これは不貞行為にはあたりません。

されている側とすれば、許せませんが交際をしているのか親しい友人なのかの区別が難しいので離婚理由としては成立させることができません。

それではキスをしたらどうでしょう。

単純にキスをしている場面を見たや、その事実を認めさせただけでは不貞行為として相手に突きつけることはできません。

一見浮気行為と思われる行為ですが、確実に不貞と言い切れる事実ではない場合には不貞行為として認めるのは難しいと覚えておきましょう。




法律でいう浮気とは、パートナーが異性と肉体関係があった場合、もしくは肉体関係にいたるプロセスがあった場合に認められます。

そのため、先に述べたようにキスした事実だけでは浮気にはなりませんが、キスから肉体関係に繋がると思われるプロセスが認められれば、キスをしたという事実だけでも十分、不貞行為として認められます。

相手の不貞を認めさせたい時には肉体関係に繋がるプロセスを見つければ離婚理由として十分使えますし。

逆に不貞を認めたくない場合には肉体関係に繋がるプロセスを見つけられなければ離婚理由として使われるということはないということです。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans
Free Blog Themes and Blog Templates